com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青耳新ファーム

青耳(RX420IN)のファームウェアをVer1.04へバージョンアップするためのソフトウェアがいよいよ公開。

今回は『ホームアンテナとの接続性、及び動作安定性の向上 』とありますが、常日頃、青耳の通話時の雑音の多さに悩まされていた僕としては後者の改善に期待したいところ。

早速アドエス上でファームアップしました。
ちなみに、今までの使用においてアドエス上では赤耳も青耳もそれほど通話・通信品質に差はありませんでした。問題はnico.やTTにおける青耳の不安定さ。これが改善されているといいのですが…

070818-003214.jpg

さて、早速TTに入れて簡単な実験。117にダイアルして時報を聞いてみます。

ファームアップ前は「ピッ、ピッ、ピッ、ポポピ~ン」と、高音が伸びる部分で音が二重になる…というかエコーがかかっていました。
※ちなみに、TTに挿した赤耳では普通に聞こえるんです

ファームアップ後の青耳をTTに挿して同じ実験をしてみると…

「ピッ、ピッ、ピッ、ピーーーーン

ふむ。エコーがかかることなく、クリアーに聞こえるようになりました。

後は、弱電界時の通話における雑音が緩和されているとありがたいのですが…今日は試せる環境にないので、また後日実験した結果をアップしたいと思います。

スポンサーサイト

BubbleTaskでなごむ

20070801084225.jpg

XcrawlEx(ダウンロードはこちらから)の中に「おまけ」として含まれているBubbleTaskをインストールしてぶっ飛びました。
起動中のTaskを切り替えるシンプルなユーティリティーなのですが…

動画でないと伝えにくいのですが、起動中のアプリアイコンが画面の中をふわふわと浮遊します。

アイコン同士がぶつかったときの動作も芸が細かい…というか、カワイイです。

いや~、こんなこともできるんですねぇ…。脱力系でありながら機能的(ちゃんとXcrawlも機能します)。僕はこういうソフト開発に関わるスキルはゼロなんですが、こういった発想やそれを実現する能力には頭が下がるばかりです。ありがたく使わせていただきます。

(注)「TaskManの後継ソフト」として紹介してしまいましたが、smart-PDAさんのtaskmanとは何の関係も無いということで、記事の方を訂正させてもらいました。よく調べもせずに書いてしまい、smart-PDAさんやMakabeさんには多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします

続・アドエスでパチスロ

続・オリンピアのFlashベースのバーチャルパチスロの試用記。

20070727171322.jpg

パチスロ「秀樹に夢中」はサイドの液晶画面も含めて完動。「感激ぃぃ~!」

20070727171433.jpg

ランボー怒りのパチスロ笑)」は残念ながら、リールは動くものの上部巨大液晶はブラックアウトしたままでした。もちろん、PCからでは液晶画面もばっちり動きますがね。

20070727172244.jpg

めざせドキドキ島」はサイドの液晶も含めて完動。

画面が小さいだけに、どのゲームもボーナス成立後の目押しは結構難しいものがあります。

パチンコやパチスロは嫌いではなかったのですが、キャラクターや芸能人とのタイアップ機ばかりで急速に面白くなくなりました。おかげで足を洗うことができましたが…
新台が入ってもすぐに消えていくし…。こんなに頻繁に新機種が出て、メーカーは儲けが出ているんでしょうかねぇ。

昔は各メーカーのオリジナリティーがあって、演出等にもいろんな工夫が見られたんですが。今はどんどん光ったり動いたり大きくなったりが激しくなるだけで、どのメーカーも変わりないような。

う~ん、今回はZERO3ネタから少し脱線してしまった。反省。

アドエスでパチスロ

暇なときにオススメなのが、W-ZERO3上でプレイするバーチャルパチスロ。といっても、画面も小さいし、古い機種が多いので思い入れがないとまったく楽しめないかもしれませんが…

画面はオリンピアのサイトで遊べる、「南国育ち」。パトランプもしっかり再現されております。Flashベースなので、アドエスのOperaから難なく動きます。ただし、データ量は多いので、無線LANでのダウンロードがオススメかも。

20070727001733.jpg

もちろん、キュィン!とか、音楽もバッチリ再現。
ちなみに、最新の機種(「ランボー怒りのパチスロ」(笑)とか)もラインアップに加わってますが、アドエス上で動くかは未確認。

使いやすい! XcrawlEx

2ちゃんねるブラウザとして「2++」を昔から愛用しとります。
ところが困ったことに、アドエスにおいてXcrawlのスクロール機能をONにしておくと、センターホイールに親指を置くだけでセンサーが反応してしまい、意図に反してログが前に行ったり後ろに行ったりと、誤動作が頻繁におき、ストレス溜まることこの上なし。

感度を「低い」にしてもその誤動作は避けられず、やむを得ず最近はスクロール機能をOFFにして使用していました(あのクリクリ感は大好きなのですが…)。
アプリケーション毎にXcrawlをON・OFF切り替えてくれるユーティリティーが出ないかなぁ…と密かに期待していました。

20070725223223.jpg

そんな中、現れた一本のソフト「XcrawlEx」。これを入れるとあら不思議、Xcrawlの感度を鈍く…というか、感知→動作までの間隔を任意に設定できます。とりあえず僕はデフォルトの設定のままで使用していますが、今まで見られた誤動作が驚くべき事にほぼ皆無に、ストレスなく2++も使用できるようになりました。

「Xcrawlは使いにくいから、早速OFFにしたよ」という方にこそ、是非とも使ってみていただきたいソフトです。おすすめ!

通話品質極悪

アドエスに換えてから、とても気になることがあります。

それは、通話品質があまりに悪い…というか不安定なことです。
毎日、ツレと電話することがあるのですが、同じ時間、同じ場所での通話なのに、アドエスに機種変以降、通話品質があまりに悪いのにショックを受けています。

具体的には「ザァ~~ッ」という雑音がひどく、相手の声がほとんど聞こえてこない。携帯相手ならともかく、ウィルコム同士でです。「故障か!?」と思えば、そうとも言えず、雑音なく、クリアーに通話できる日もあります。Dポ以来、十年を超える付き合いですが、こんな症状は初めてです。

「電波の状態が悪いのだ」と言われそうですが、今まで毎日のように同じ場所で電話してきて、そのような症状はなかったので、やはり今回の機種変が影響しているのかな…と。

アドエスと赤耳の相性が悪いのか。
TTに挿した青耳の問題なのか。

なんともはっきりしません。ただ、雑音がひどいときにも、相手はこちらの声は比較的奇麗に届いているようなので、ど~も青耳が怪しいとにらんでいるのですが…。なんか、近くのアンテナを拾わずに、遠くのアンテナをいつまでも引っ張り続ける…そんな感じも受けます。もう少し検証を重ねてみることにします。

サイドがメッキでなくて良かった…

Advanced/W-ZERO3[es]のサイドの黒いラインを見ると、京ポンを彷彿とさせますね。

P1010134.jpg

初め見たときは、「サイドもシルバーでいいのに…」とも思ったのですが、これはこれで本体を薄く見せる効果はあるようです。[es]のような安っぽいメッキ仕上げでなくてホントに良かった。
ちなみに折りたたんだ京ポンよりも実際薄いですから、シャープの開発陣も苦労したのではないでしょうか。

自作…というか、W-ZERO3 [es]のを流用した充電台ですが、薄くなった分、収まりが悪いのが難点でした。ところが、Edyトークンを貼り付けた状態で載せたところ、これがぴったり。貼り付けたままではトークンが邪魔になって載らないだろうと勝手に思いこんでいたので、これはうれしい誤算です。

P1010133.jpg

キタッ!!es_silencer!

ついに、mozurin氏の「[es]Silencer v1.3.1 SE(sonobasinogi edition)」が公開されました!

テスト撮影してみましたが、全然問題なさそうです。素早い対応に感謝感謝です!

アドエスにお気に入りアプリをインストール

動いてうれしかったアプリ

【Runner_es】
右ソフトキーに置き換えて使用。ランチャーアプリは色々試したけど、やはりこれが一番自分にはしっくりきます。

【lock2suspend】
もはやシャープに正式採用してほしい機能。ちなみに、スライドロックキーはesと同じく左側に配置してほしかった。親指でオン/オフ出来た方が絶対使いやすいと思うのだけれど。

【ChgSuisoku】
Atok使うにはこれははずせない。「縦画面では推測オン/フルキー使用時は推測オフ」に設定して使用。この機能も標準でオプションとして備わっていてもいいと思うのだけれど…ま、こういう「痒いところに手が届く」ソフトをチマチマと入れながら自分好みの環境を設定できるのがWM機の利点なんだけどね。

【Spb Weather】
W+infoだけでは物足りないので、週間天気を把握するために入れてます。QuicTodayも、Reboot_Poke_Pも無事動作。Today系アイテムは意外に外れなく安定動作するようでうれしいです。

20070722103805.jpg

動かなくて悲しかったアプリ

【Cal_plus】
電卓機能は良く使うので、すこしでも使い心地がいいものをチョイスしたいところ。このアプリはesで愛用していたので、とても残念!

【iSPEED】
楽天証券のモバイル版トレーディングツール。使い心地抜群なだけに、これも早期の対応を期待したいところ。楽天証券さんはこまめに機種対応してくれているので、割と楽観視はしているのですが…。

あと、自分では入れてないのですが、todayCompactもうまく動かないようですね~。残念。mozurin氏もアドエス入手したようなので、ここは今後の改良に期待したいところです!

アドエスのカメラを試す

接写モードで撮影してみた。

070720-204223.jpg

ここまで近寄れたら十分。画質もW-ZERO3[es]と較べて格段に上で満足。

Super Mapple Digital Ver.8を試す!

バージョンアップを申し込んでいたSuper Mapple Digital Ver.8が本日到着しました。
今回のバージョンアップでは、ついにウィルコム基地局による位置情報サービスを利用した「W-SIM簡易GPS」機能を装備!!これは是非とも試さねばなりません。

ちなみに、esにはUSBホスト機能が搭載されているので、各種GPSユニットとの連携は比較的簡単にできます。
今回の「W-SIM簡易GPS」機能は初代ZERO3で使ってこそ(その大画面も相まって)真価を発揮できるのではないでしょうか。

順序としてはSuper Mapple Digital Ver.8を母艦にインストール、その後、Pocket Mapple Digital本体と書き出した地図データをZERO3にインストールする、という形になります。もちろん、地図データはminiSDにインストールすることになるので、外部メモリーの容量は多いほうがいいです。

20070630222450.jpg

さて、前バージョンでもW-SIMによる位置取得には対応していたのですが、今回は「位置情報の連続取得」に対応したのが目玉です。取得間隔は結構細かく設定できます。
ちなみに、この位置取得機能、基地局との位置情報のやりとりはしますが、その際、いちいちダイアルアップの動作はしません。当たり前といえば当たり前ですが、初めて使ったときは思った以上の早さで位置を取得、表示してくれたので感動した覚えがあります。

20070630222537.jpg

さて、この「W-SIM簡易GPS」、最大の欠点は利用中に「電話の着信が出来ない」ことです(メールについては未確認)。大事な電話を取り損なうこともあるので、使用には注意が必要かもしれません。それと、確かに位置取得中はZERO3のすべての動作が重く、遅くなります。バッテリーの保ちにもおそらく影響はあるでしょう。ここらへんは、又使用を重ねた上でレポートしたいです。

20070630224514.jpg
無事、位置取得完了。右上に「GPS:補足」となっているのが笑えます。基地局を拾ってるだけなので、当然誤差が生じます。場合によってはビルの上を走っているような表示になることもあるでしょう。あくまで、だいたいの位置を把握するための「なんちゃってGPS」として割り切って使うべきです。

P1010040.JPG

ということで、早速、愛車「コマジェ」にマウンティング、試用してみました。さすが、esと違って大画面で見やすく、満足。正確な位置の把握はさすがに無理で、位置情報もあっちにいったりこっちにいったりすることもあるのですが、まったく未知の場所をツーリングするときとかはこれがあるとないとでは安心感が全く違います。十分実用になるでしょう。

…と言っておきながら、バイクへの搭載はあまりお奨めできなかったり。。
といいますのも、4輪と違い、走行中にギャップを拾いやすく、PDA自体がポロリと外れることが数回。それに備えて、コード式ストラップでマウントと固定していたので大事には至りませんでしたが…。バイクで使う場合は、電力供給の問題と、取り付け方法の工夫をあれやこれやと考える必要があるでしょう。

PCカード型マウス

W-ZERO3 Bluetooth化計画が頓挫し、再びレッツノートに収まることになった東芝製Bluetooth SDカード2。

 P1010030.jpg

今回は以前から気になっていたPCカードスロット収納型Bluetoothマウス(HP版)をゲットしたので、早速試してみました。

 P1010032.jpg

確かに薄いです。すっぽりスロットに収まります。充電もしてくれます。チルトスタンドを立てて使用するのですが、まずは握り心地はどうでしょうか…

 P1010036.jpg

思っていたよりも自然な感じでホールドできます。クリック感もしっかりしているのですが、スクロール機能がついていないのが残念といえば残念。

 P1010035.jpg

とてもスタイリッシュ、しかもモバイル度抜群のマウス君ですが、なんとも残念なことに、反応が今ひとつで、ポインターも引っかかるような動き。使っていてストレスが溜まります。どうやら、SD型Bluetoothとの相性が良くないらしく、代わりにUSB Bluetoothアダプターを使用すると、なめらかに反応してくれます。ただ、不細工に出っ張るUSBドングルを付けて使うと、せっかくのこのマウスのスマートさが相殺されてしまうしねぇ…。今回のマウス、あくまで緊急時の使用にとどまることになりそうです。

ちなみにOEM元のNewton Peripheralsから発売予定の「MoGo Dapter」。なんともコンパクトなUSB Bluetoothアダプターです。物欲を刺激するサイズとデザイン。これならば挿しっぱなしでも邪魔にならないですね。う~ん、早く手に入れたい…

 DAPTER.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。