com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極小BluetoothUSBアダプター購入!

いや~何週間ぶりのエントリでしょう。

実は引っ越しでバタバタしていまして、ようやくなんとか落ち着いたところです。今度越してきたところはイーモバイルのバリバリエリア内。そしてようやく職場近辺も電波が届くようになったようなので、いよいよ本格的にレッツノート用にイーモバカード考えているところです。

さて、我がアドエスですが、引っ越し早々のネット未開通期間(そう、手続きするのが遅くなってしまったのだ)もPCに接続して活躍しまくりでした。どうも八本槍アンテナがたくさんあるようで、以前住んでいたところよりもかなり速さと安定感を感じられるのはありがたいです。

そして、本日勤め帰りに寄った梅田ヨドバシで、噂の国内最小&最軽量BluetoothUSBアダプター『PTM-UBT3S』が入荷されているのを確認、早速ゲットしてきました。ちなみに2,480円。このサイズと機能を考えると安いものです。

P1010234.jpg

ただ、愛機レッツノートは職場に置いてきたので、試すのは明日になります。

P1010236.jpg
う~ん、しかしホントに小さい。

ちなみに、最近のアクティブシンクはほとんどBluetooth経由で済ませています。なんか、USB経由よりもずっと安定してる気がするんですよね~。

ということで、いつでも利用できるように、IBS製の「Bluetooth mini USBアダプター」に強引にピンバイスで穴を開け、ストラップ化しております。端子が剥き出しなのが、ちょっとあれなので、なんか適当なカバーでも作ろうかな…と思っております。

P1010238.jpg
穴開ける時は基盤に傷つけないように注意!

スポンサーサイト

PDAに便利な汎用スタンド

モバイル専科で扱っている「汎用スタンド」。

もともとは、SONYのPSP用として作られた卓上スタンドですが、シンプルな形状故、各種PDAやZERO3シリーズ等を手軽に置くスタンドとして利用することができます。

070815-214700.jpg
シンプルな造り。ずっしりと重量感があり、安定しています。

070815-214559.jpg
W-ZERO3にもぴったりフィット。

img003.jpg
もちろん、アドエスにも利用可能。
※この写真のみ無印ZERO3で撮影しましたが、ダメダメやね…
ちなみに、残りはアドエスにて撮影。これだけの差があるのです。

070815-215849.jpg
まさに「汎用」なスタンド。CDケースなども置いて、オサレな夜を演出することも…

対決! Googleトランジット VS 駅すぱあと

良く利用するGoogleのサービスに「Google トランジット」があります。わかりやすく説明するとGoogle版乗り換え案内です。

アドエスでももちろん利用可能。僕は動作の軽快なモバイル版を愛用しています。

この「Googleトランジット」の最大の特徴は、(駅名だけでなく)出発地と到着地を指定するだけで、最適なルートと乗り換え情報を得られること。ここでは、例として『甲子園球場に高校野球見学に来た地方出身の方が、ついでに大阪「新世界」にある通天閣周辺を観光、名物串カツを食べて帰る』というシチュエーションを想定するとします。

20070814005656.jpg
最寄りの駅名が分からなくても、施設やランドマークの名前を入力するだけで良いのがGoogleトランジットの優れているところ。

20070814005837.jpg
検索結果。駅から目当ての施設までの徒歩での移動時間も算出してくれるところが親切です。

さて、ここ最近はGoogleトランジットで満足していたのですが(無料やし)、かの有名な「駅すぱあと」がW-ZERO3向けに正式にサービスを開始したということで、早速利用してみました。

20070814010142.jpg

20070814010302.jpg
駅すぱあとの場合、駅名を指定する必要があります。ただ、よく入力・利用する駅名は「履歴」として記憶してくれますし、良く使うルートは「マイルート」ということで、複数、登録しておくことができます。

20070814010457.jpg
動作は軽快そのものです。「Googleトランジット」にはない「出口案内」「駅周辺地図閲覧」等が充実しています。
(注)デスクトップ版「Googleトランジット」では駅情報や周辺地域の下見機能も完備しています。念のため。

20070814010546.jpg
見知らぬ駅に移動するときは「出口案内」がとても役にたちます。

20070814010714.jpg
駅周辺地図。表示も速く、ストレスなく操作できます。

さて、このように「Googleトランジット」よりも数多く優れた機能を備えた「駅すぱあと」ですが、問題はこのサービスが有料(月105円)ということです。もっとも、仮に月315円のサービスならば僕も利用したいとは思わないのですが、「月105円でこれだけの内容ならば使ってみてもいいかな…」そんな気持ちにさせる絶妙な利用料設定です。

今後「Googleトランジット」もデスクトップ版と同じく、「GoogleMaps」などと連携してさらに多機能になるかもしれませんが、現時点では駅すぱあとが使いやすさの面ではややリードか…といったところでしょうか。

(追記)「Googleトランジット」も検索エンジンは「駅すぱあと」と同じく(株)ヴァル研究所が提供しているようです。ただ、同じ駅名で検索しても、両サービスで異なった結果が出てくることがあるのが不思議であり興味深いところです。

BluetoothでActiveSync

アドエスでBluetooth経由のアクティブシンクがどうしてもできずに悩んでいました。

母艦はレッツノートCF-Y4、WindowsWP、東芝BT SDカード2という環境。

P1010229.jpg

20070808092613.jpg

どうしてもパートナーシップの設定画面に「ActiveSync」が出てきません(ちなみに、母艦、アドエス共にお互いを認識はしています)。
悩むこと1週間。ようやく解決しました。

東芝BTSDカードの代わりに、プラネックスのBTドングル「BT-Mini2EDR」を挿したところ…

P1010233.jpg

20070813150437.jpg

なんの苦労もなく、設定画面に「ActiveSync」が現れました。ここまでくれば後は楽勝で、アドエスのActiveSyncプログラムの「Bluetoothから接続」を選べば、あっさりと繋がってくれます。

う~んなんでだろう。東芝BTカードがActiveSync用プロファイルに対応してないのか?いや、でもシリアルポートプロファイル(SPP)はサポートしてるはずだし…。正直、Bluetoothはプロファイルの問題や、機器間の相性等もあるようだし、まだまだ敷居が高いような気がします。

あ、それと、IBS Japan製のBTアダプタ「IMUB-01」ですが、アドエス上ではHSP/HFPに対応しておらず、なんとも悔しい…というか、もったいない。この問題、IMUB-01の作り込みが甘いとばかり思いこんでいたのですが、どうも違うようですねぇ

IMUB-01本体は、Bluetoothプロファイルを持っておりません。あくまでもWindows Mobile標準のBluetooth機能を利用しますので、デバイス側でどのプロファイルがサポートされているかによって、使用可能プロファイルは変動します。』(IBS JapanのFAQページより)

ヘッドセット・ハンズフリーに対応していない件についても

W-ZERO3[es]・Advanced/W-ZERO3[es]の場合、電話(PHS)機能をSharp様独自に作りこまれているため、WindowsMobileOS標準のHSP/HFPを使用できないためです。ご了承ください。

とのことで、つまり、このまま周辺機器メーカーに頼っていても、いつまでたってもBT経由のハンズフリー通話は不可能ということになります。

ということは、シャープの今後の「作りこみ」にかかっているということなのですが…なんか、望み薄な空気ですな。。。

まもるくんとUSBアダプター併用できましたm(_ _)m

PDAと私生活」さんが、まもるくん装着後のアドエスにおいてBT mini USBアダプターを無事認識との報告。

もしや…と思い、我が家のUSBアダプターも奥までグッと差し込んだところ、無事青LED点灯、認識いたしました!

P1010228.JPG

もっとも、浅くしか刺さっていないので取り扱いには注意が必要ですが、「そのままでは併用不可」という誤った情報を流してしまい、関係者の方々には深くお詫びしたいと思います。

続・まもるくんをプチ改造

P1010218.jpg

SortInchKeyにてWINキーとOKキーの長押しに左右それぞれのソフトキーを割り当てて使っておりますが、基本は画面爪タップ派。
この部分は爪タップの邪魔となるので切り取ってしまいました。

P1010219.jpg

下部カバーには丸い大穴をこじり開けました。思っていた以上に厚く固いアクリル素材で結構大変な作業。

P1010222.jpg

そこにEdyトークンをセット。ふ~、疲れた…

まもるくん到着!そしてプチ改造…

男は生が一番!と、初代W-ZERO3からアドエスまで、ケース類は一切使用せずにズボンのポケットに放り込んで使用しています。

ところが、アドエスに関しては「まもるくん」の評判が悪くはないようなので、購入、試用することにしました。

P1010203.jpg
まもるくん・クリスタルホワイト。透明感があって、良い感じです。

P1010206.jpg
ふむ。特に背面が美しい。カメラ穴もふさぎたいくらいだ。


P1010210.jpg
ギャー!いきなりクラックが!!

※カバーをはずすときは無理な力をかけますと破損の恐れがございますので十分にご注意ください。

P1010211.jpg
こうなったらメスを入れてやる!

P1010213.jpg
W-ZERO3[es]充電台(改)の端子をニョキニョッキっと伸ばして…

 P1010215.jpg

これでどうだ!無事充電し始めたよ。さすがアドエス。スリムなボディーはまもるくんを着けてもまだ前後左右に余裕があります。

アドエスと9(nine)

アドエスが来てから2週間が経ちました。

この2週間使用してみて…

意外だったのが、とても安定していること。[es]の時は何度再フォーマットしたことか。そういえばキー入力の反応がもっさりしてる等、初期は不具合も多かったなぁ。

そして、赤耳との相性が予想以上に良かったこと。今のところ、[es]で見られたような不具合はゼロです。もっとも、TTに挿した青耳の方は、相変わらず通話品質が劣悪な時が多いです。。ドウシタモノカ。。

アドエス君、今ではすっかりメイン機として定着し、W-ZERO3 (004SH)や、9(nine) WS009KEの出番が極端に減ってしまいました。

特に9(nine) は「iPod化」してる関係で、厚みがアドエスと変わらないほど肥満化していることから、出番がなくなっています。

P1010192.jpg
実は重さもあまり変わらないアドエスと9(改)

以前は音の悪いW-ZERO3 で音楽を聴くことはあまり考えたことがなかったのですが、アドエスの場合は「use44khz」効果でそれなりの音質になったので、ミュージックプレーヤー替わりにも使うようになりました。

やっぱり、「とりあえず何でもできる」というアドエスの安心感は何物にも代え難いなぁ…というのがこの2週間使用しての感想です。

好きになれないアドエスのキーボード

アドエスに換えてから、どうしても長文時のタイプミスが目立つようになりました。

ZERO3や[es]ではブラインドタイプができるまでになっていたのですが、アドエスではキーをしっかり見て打たないと、押し間違いをしてしまいます。

理由は簡単。アドエスからキー配列に変化があり「Tab→OK」キー列が上下列と比べ、交互になる形でズレているからです。

P1010189.jpg

「PCのキーボードの配列により近づき、さらに打ちやすくなった」との論評もありますが、本当にそうでしょうか。両手の全ての指でタイピングするわけでなく(普通は)両手親指のみで操作するZERO3のフルキーボード。従来のように、上下にキートップが揃っている方が、見やすく、そして打ちやすいと思うのは僕だけでしょうか…。

「いや、俺は机に置いた状態で、両手の指を全て駆使して打ち込んでるぜ!」という方も世の中には存在するかもしれませんが。。)

[es]のキーボードは、小さくて固くて、大嫌いだったのですが、久しぶりに打ってみるとこちらの方がアドエスよりも随分打ちやすく感じます。キーとキーの間はアドエスのように詰まっている方が見た目はカッコイイのですが、旧esのような畦道も打ちやすさには一役買っていたのかもしれませんねぇ。

まぁ、キーボードの使い心地は「慣れ」に頼る部分も大きいので、使い込むと「もう、元には戻れない!」とかになるかもしれないんですけどねぇ…

卓上ホルダは保留。

いよいよアドエス用卓上充電ホルダが発売されましたね。

sm_EHD2.jpg
ウィルコムストアで税込み1,980円

この値段なら買ってもいいかな…と思うのですが、一つ注意が必要。

これ、あくまで充電「ホルダ」ですから。充電器じゃないですから。

「わかっとるわい!」という声も聞こえてきそうですが、この商品の購入を考えている人は『家にも一台、職場にも一台充電器があると便利かなぁ~』と考えている人も少なくないと思うので…

その場合、追加で税込み3,100円の「[充電器(追加用)]Advanced/W-ZERO3[es]用」も必要になってきます。

sm_EA83-0723.jpg

合計5,080円。これは…あまりにも高杉!!

ということで、僕はしばらく[es]充電ホルダ(改)を利用していきたいと思います。ちなみに下の写真はアドエスで撮影しました。ヘタすると、僕のデジカメよりも接写は得意かも。やっつけ仕事バリバリなのがバレテしまいますね。

070728-164556.jpg

ピンバイスが見あたらなかったので、眼鏡用マイナスドライバーで無理矢理穴をこじ開けてます。充電端子も手作り感満点の仕上がり。ま、今のところトラブルなく充電できてるし、[es]用のホルダも無駄にならずにすんだので良しとしましょう。

Advanced/W-ZERO3[es]を迎えるにあたって(2)

いよいよ明日が発売日。愛用のアプリをすぐにインストールできるよう、せっせとマイクロSDにコピー。

しかし、予約しているウィルコムカウンターから連絡がないのはどうしたことだろう。予約3番ということなので、まず大丈夫だとは思うのだけれど…。明日電話を入れてみよう。

そして、某ショップに注文していた液晶保護シートもまだ到着せず。う~ん、しょうがないから余ってるW-ZERO3用のやつをカッティングして使おうかな。

でも、一番の問題は、明日早めに仕事を切り上げることができるかどうかやねぇ…

Pocket Mapple Digitalを電車で試す

今日は電車に乗る機会があったので、試しにSuper Mapple Digital Ver.8の「なんちゃってGPS機能」を車内で試してみました。

測定間隔は30秒に設定。やはり、線路上ではなく、あちこちのアンテナ(大概はビルの屋上)を探し回ってその都度、現在地がいったりきたりします。それほど「大ハズレ」な位置を示すことはないのですが、やはり精確な位置判断には難しいかもしれません。トンネルなんかに入ろうものなら、ZERO3がアンテナを探してうろたえているようで…思わず「がんばれ!」と言い出したくなってしまいます(汗)

それよりも、「こんなとこにウィルコムのアンテナがあったのか!」と妙にマニアックな感動は味わえたりして…(汗汗)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。