com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xparia rayに公式4.0.4を導入

SO-03Cには一向にICSが降ってきそうにないので、痺れを切らして海の向こうで配布が始まった4.0.4を焼いてみました。

 

ちなみに、今回がICS初体験。なので、4.0.3とのパフォーマンスとの違いとかは解説できないのであしからず。

 

最初はベルギー版の4.0.3ftfを焼いて、SEUSかましたらアップデートしてくれるかしらん…と甘い期待を抱いてチャレンジしたのですが見事空振り。

 

情報をあさり、ここのブログを参考にたどって、ftfファイルをダウンロード。

【Xperia】不具合点 Rayに公式ICS 4.0.4を導入

 

世界中の誰もがみんな同じことを考えてるのでしょうか、ダウンロードに3時間もかかったぞ!

んで、いつものようにFlashtoolで焼いて…

201205306.jpg

 

無事、導入完了!

1205305.png1205302.png

1205304.png1205303.png

 

さて、このままでは遊べないのでとりあえずrootとっちゃいましょう。

参考にしたのはここ。

Xperia rayに公式ICSをインストール

手順としてはinsecureなカーネル焼いて、リカバリーからsuを書き込む。

201205307.jpg

 

とりあえず、Titaniumで環境再構築。フォントも例のごとく中華風だったので、マルベリを放り込んでおいた。

ざっと触った感じでは、それほどもたつきは感じないのでちょっと安心。バッテリーの保ちやアプリの互換性とかはもうちょっとテストしてみようと思う。

 

 

スポンサーサイト

XPERIAとMONSTER urbeats

MOUMANTAIにてHTC Sensation XLに付属されている「MONSTER urbeats」イヤホンをポチったのでレポ。

DSC05457.JPG

 HTC純正 MONSTER urbeats イヤホン ホワイト 送料無料

真っ赤なケーブルとアルミ製ハウジングが超クール。モンスターケーブルでありながら送料込みで3000円というのは、かなりのお買い得ではないでしょうか。

注文から1週間ほどで無事到着。早速開封してみると…

DSC_1322.JPG

beats by dr.dreモデルということで、カッコイイ専用ポーチも付属。造りもしっかりして満足満足。

 ん、これは… サイトの紹介写真には写っていなかったけど、「リモコン・マイク付き」イヤホンじゃないですか。(ここでイヤな予感が)

DSC05456.JPG

早速Xperia rayに挿して音楽再生してみると…

ペリア本体スピーカーから見事に音がじゃじゃ漏れです。

イヤホンからはまったく何も聞こえてきません。

当然、リモコンの操作には無反応。

 う~ん、まったく使い物になりません(泣)

実は、Xperiaシリーズの4極イヤホンコネクタは特殊なピンアサインを持っているようで、iPhone用などの市販有線ヘッドセット、コントローラー付きイヤホンはまともに使うことができません。

実際、家電店のイヤホン売り場をのぞいてみると、一般的なマイク付き、コントローラ付きイヤホンはことごとくXperiaは対象外になっています。(その代わりに「Xperia専用」を謳ったものが数は少ないですが別にラインナップされています)

MOUMANTAIの商品ページには4極コネクターが写し出されていますし、そもそも「Sensation XLのイヤホンを無くした、壊れたりした場合の予備にどうぞ」と記載もされているので、通常のイヤホンと勘違いして注文した自分に文句をいう資格はありません。

 しかし、このまま涙をのんで眠らせておくにはもったいない。

なんとか使える方法がないものかと、色々情報を漁ったところ、どうやら「Xperia変換アダプター付き」の商品が市販されているとのこと。

そこで急遽買ってきたのがこの商品。

DSC05451.JPG

SONY謹製「スマートフォン用ボリュームコントロール付ヘッドホン DR-EX62VP」購入価格ヨドバシにて2730円。

この商品にはXperiaでも使えるように写真のような短い変換ケーブルが付属しています。

DSC05453.JPG

こいつをかまして、ペリアに接続したところ…

無事、音楽が再生されました!リモコンも無事、動作します。

左右のボタンは音量↑↓、中央ボタンは1回押しで音楽ミュート・トークモード、長押しで再生曲スキップとして動作します。

肝心の音質は、モンスターケーブルらしい元気良く、しまりのあるサウンドで、値段の割には十分満足できるものでした。

しかし今回、余分な出費が痛かった。DR-EX62VPはヨメにでも譲ることにします。

変換ケーブルのせいで、せっかくの格好良さも台無しやね…

DSC05454.JPG

Xperiaユーザの皆さんは、有線ヘッドセット購入の際にはくれぐれもご注意くださいませ。

Rayにロム焼き「Repack by 4pda.ru team」編

CM7やCM9、MIUIなど、Xperia Rayにも面白そうなカスタムロムが出そろってきました。その中でも、今回はソニエリ標準ロムに軽量化カスタムを施した「Repack by 4pda.ru team」というのが使いやすそうだったので焼いてみました。

 

[KERNEL & ROM] [RAY] Ray / Stock-based: kernel/rom Repack by 4pda.ru team

 

このロム、標準ソニエリロムから無駄と思われるアプリ(ソニエリオリジナルアプリ群, アドビ関連, ant+ , データモニタ, デバイスモニタ, フェースブック関連, タイムスケープ関連など)をごっそりそぎ落とした物に、ステータスバー等、幾つかのカスタムを施したものとなっています。

Google関連(マップやGmail、マーケット等)も省かれていて、これはこのままでは使い物にならないので、xdaのCM7.2トピックスから「GAPPS packadge」をダウンロードして導入する必要があります。

 

GAPPS ADDON

 

Googleアプリも導入した上での空き容量は364MB。標準ロムでは内部ストレージの空きは310MB前後だったと思うので、約50MBほど空き容量が増えることになります。

device114.png

 

何やら懐かしい壁紙の初期ホーム。ソニエリ純正のホームアプリがそのまま生かされています。

device111.png

 

無駄なおまけアプリはバッサリと省かれているので、アプリドロワー内も非常にスッキリとした印象。

device112.png

device113.png

 

SystemUIはトグルスイッチ付きに改編されたものになっています。QuickPanelも標準搭載で、スイッチの並び替えにも対応。バッテリーインジゲータは100%サークル表示タイプ。

device116.png

 

このプロジェクト、オリジナルカーネルも含まれております。オーバークロックも可能なのですが、なぜか1.4GHzに上限がセットされています。説明を読んでいると、どうもパワフルかつ省電力のバランスを狙ったセッティングのようで期待ができるのですが、実際使用してみたところ、バッテリーの減りはFXPのものとそんなに大差がないような…

device117.png

 

もちろん、標準でcwm recoveryも搭載されております。

(いつのまにかddmsでキャプチャできるようになってる…)

device118.png

 

【まとめ】

ソニエリホームをはじめ、できるだけオリジナルの風味を損なわない環境がお望みの人にはお勧めできます。余分なアプリが裏で立ち上がらない分、動きも軽快に思えます。空き容量も、僅か50MBとはいえ、増えるのは大変有り難いです。(Link2SD使わんかいという声も聞こえてきそうですが…)

標準ロム改編、ということで安定感も抜群なので、実用性は非常に高いロムに仕上がっています。

 

 

Xperia ray 着せ替えバッテリーカバー購入

ぶらっと寄ったヨドバシカメラにて、Xperia ray専用の着せ替えバッテリーカバーが並んでいたので衝動買い。

 

被せるジャケットタイプではなく、純正バッテリーカバーとリプレースするタイプ。rayのスリム&コンパクトなサイズを生かしてコーディネートできるところがナイスです。

1322212133172.jpg

 

今回僕が購入したのは「ミステリアス・グリーン」と名付けられた、ゴールドとグリーンが混ざった玉虫色の製品。

お値段は店頭価格1980円と、少々お高め。ネットショップでも購入できるようです。

DSC05301.jpg

 

純正カバーと並べてみた。なんかすっきりしてるなぁと思ったら、中央の「Xperia」ロゴと、スピーカー付近のソニエリマークがありません。もっとも、商品の注意書きにあるようにライセンス製品ではないので当然と言えば当然。

DSC05304.jpg

 

純正品でないとなると、気になるのは仕上がりの精度。rayのバッテリカバーは装着に関しては結構シビアで、ebay等で輸入した海外パーツなどは輸送時のねじれも加わってか、本体との間に見事な隙間が空いてしまう、粗悪な製品も見受けられます。

 

この製品に関しては、3Dデータを元に製造したMADE IN JAPANとのことで、金型も新たにおこしたのでしょうか、カッチリと収まってくれました。僕のrayはゴールドですが、サイドカラーとの相性も良く、なかなかカッコイイです。

DSC05311.jpg

 

ただ、そのままではのっぺりとしていて寂しいので、ソニエリ・リキッドマークはebayで以前購入した予備バッテリーカバーから移植して貼り付け。XPERIAロゴプレートは、以前mini pro用に購入したものを流用して貼り付けておきました。

DSC05314.jpg

 

光の具合で色が微妙に変化します。写真では上手く伝わらずに残念。

 

他にもピンクタイプやブルータイプ、ブロークンミラータイプなどもあるようなので、外付けジャケットはイヤだけど、色んなカラーを楽しみたい!という方には是非ともオススメします。

DSC05306.jpg

 

【“Xperia ray 着せ替えバッテリーカバー購入”の続きを読む】

Xperia Ray専用クレードル購入

Xperia Ray専用クレードル「USBクレードル for Xperia ray SO-03C with 2ndバッテリー充電器」を購入した。


ソニエリからはUSBホスト機能にも対応した、カッコイイ純正クレードル「LiveDock Multimedia Station DK10」が販売されているのですが、値段が若干お高いのと、USBホスト機能の使い道があまり思いつかなかったので今回はパスしました。

LiveDock.jpg

さて、今回購入したブツは社外品だけあって無骨なデザイン。付属品は充電用のUSBケーブルのみ。amazonで注文(\2980)しましたが、Visa-a Visで購入すると購入特典としてACアダプターが付いてくるので、値段も変わらないしそちらの方がお勧めかも。

本体は横向きにセットするタイプ。差し込みは簡単だけども、抜く時は若干固く、慣れが必要。
本体サイズにドンピシャな造りになっているのでカバーやケースを装着している場合は取り外してセットする必要があるので注意。
DSC05292.jpg

 

前面の青色LEDはクレードルへの通電を示すインジゲータなので、Rayをセットしていない状態でも点灯したままです。充電状態は今まで通り、Ray本体のクレッセントラインのLED色で判断する必要があります。

DSC05296.jpg


背部にはスロットがあり、予備バッテリーを同時に充電することができます。今回、購入の決め手となった部分です。以前、勢いで二つも購入してしまった謎の「なんちゃって大容量バッテリー」もこれで効率よく充電できます。LEDがここにもあり、充電中は赤に、充電後は緑に点灯します。ちなみにバッテリーが刺さっていない時にはなぜか赤と緑に交互に点滅。目障りなところは×ですねぇ…

DSC05295.jpg


さて、せっかくのクレードル。充電だけではもったいないので、もう少し活用する方法を考えたいと思います。
ここで活躍するのがソニエリ謹製アプリ「LiveWareマネージャ」です。プリインストールされるこのアプリですが、マーケットのコメントでは「勝手にインストールすんな!しかも消されへんし!」とボロカスに叩かれております。使い方次第では色々と便利だと思うのですが…

screenshot113.png


LiveWareマネージャを立ち上げると、このようなパネルが現れます。対応機器に応じて接続時に自動で立ち上がるアプリを制御することができます。

screenshot111.png

screenshot112.png

 


今回は無料なのに多機能、お気に入りのアプリの一つ「Photo SlideShow」を指定して、簡易デジタルフォトスタンド化させました。

DSC05299.jpg


他にも、ベタな使い方ではありますが、NightClock系アプリを導入してベッドサイドクロックとして、もしくはネットラジオ系のアプリを導入してxLOUDの威力を発揮させる…という使い方も考えられます。

DSC05300.jpg

 

ちなみにLiveWareマネージャはクレードルが無くても、普通にUSB充電器を挿すだけで使えますので、試しに1回使ってみることをお勧めします。もしかしたら他にも面白い使い方が思いつくかもしれません。

 

Xperiaでスイングパノラマを有効にする方法

いよいよ2.3.4にアップデートされたDoCoMoのXperiaファミリー「Xperia arc SO-01C」、「Xperia acro SO-02C」、「Xperia ray SO-03C」ですが、なんとも不思議なことに「スイングパノラマ」機能がカットされておりました。

 

大人の事情があるのかもしれませんが、せっかくの楽しい機能をオミットしてしまうのはもったいない。

 

なんとかならんかなぁと試しておったのですが、実は簡単な方法で復活できるのがわかったので紹介しておきます。

 

まずはXDAのここから、「SemcCamera3D.apk」をダウンロードします。

3D sweep panorama app with original camera app...

 

あとはコイツをファイルマネージャーで叩いてインストールするのみ。

 

すると、「3Dアルバム」と「3Dカメラ」という二つのアプリが現れます。

screenshot_2011-11-11_0123.png

 

3Dテレビなんか持ってないし、こんなもの入れても…と思うかもしれませんが、3Dカメラを立ち上げて「撮影モード」をタップしてみてください。

無事、「スイングパノラマ」が選択できるはずです。

screenshot_2011-11-11_0125.png

 

ちなみに、インストール以降は不思議なことに標準の「カメラ」アプリにおいても、撮影モードに「スイングパノラマ」が出現します。これでDoCoMo版Xperiaにおいても、スイングパノラマが楽しめるようになります。

screenshot_2011-11-11_0128.png

 

撮影のコツについては前回のエントリーにまとめておいたので参考にしてくださいね。

 

 

Xperia2.3.4 パノラマ写真撮影の解説

ようやく、11月中にでも開始されるのでは、と噂されているNTTドコモによるXperia4機種(arc,acro,ray+SO-01B)を対象としたAndroid OSのバージョンアップ。

 

ただし、数々の機能向上の内容に関して、SO-03C(Xperia ray)についてはエリアメールやテザリングについてはすでに対応済み。OSバージョンが2.3.4に上がるといっても、特に劇的に変化があるわけでもないのですが、見過ごせないポイントとして

・スクリーンショット撮影

・ソニー「Sweep パノラマ」による写真撮影

の機能追加が上げられます。スクリーンショットに関しては「ScreenShot」などのアプリで対応可能だったとはいえ、やはりOS標準の機能として付いていた方が何かと安心。電源ボタン長押しで撮れる優しさもナイスです。

 

そして待望のパノラマ写真撮影の追加。そう、最近のCyber-shotについているあれです。

原理としては、端末のカメラを動かす間に複数の画像を自動で撮影、合成して1枚のパノラマ画像を作成します。ただ、撮影に関しては少々のポイントがいるので、簡単に解説しておきます。

 

※僕のSO-03Cですが、欧州版のOS2.3.4を焼いた上でのレビューとなっています。実際のdocomo版バージョンとは異なる部分があるかもしれないのでご了承ください。

 


1.まずはカメラアプリを立ち上げ「撮影モード」から「スイングパノラマ」を選択します。

2011-10-31_1015.png

【ポイント】

・動いている被写体よりも、止まっている被写体のほうがパノラマ撮影には適しています。

・被写体と背景との距離を十分にたもったり、屋外などの明るい場所で撮影するとよい。

・「3Dスイングパノラマ」を選択すると、3D対応テレビ等で立体的に見えるパノラマ画像が撮影できます。

 

2.次に、撮影したい被写体の端にカメラを合わせ、画面をタップ(シャッターを押す)します。

2011-10-31_1015_1.png

【ポイント】

・中心にしたい被写体に対して、左右45度を目安にスイングをするとうまく収まります。

・画面の←→↑↓を選択することで、撮影方向を変更することができます。

 

3.画面上にガイドが出るので、矢印方向に沿って、カメラをガイドの終端まで動かします。

2011-10-31_1102_4.png

【ポイント】

体を軸にカメラを一定の速度でゆっくり回転するように動かす(半周5秒が目安)。早すぎたり、遅すぎたりすると画面にメッセージが出て(撮影できませんでした ゆっくりカメラを動かしてください等)注意されます。

・カメラは中心からの半径が小さい円を描くように動かす(腕は伸ばさずに脇を締めて撮る)。画面の矢印方向と平行に動かすことを意識する。

 

以上、特にスイングするスピードに関しては慣れが必要で、実際の撮影の前にあらかじめ何度か練習しておくことをオススメします。

 

 

実際にはこんな感じで超広角の写真が撮影できます。

03 - 1.jpg

06 - 1.jpg

 

風景写真以外にも、パーティー会場などの屋内撮影や、多人数での集合写真なんかに使っても面白い効果が期待できるかもしれません。

また、通天閣などのタワー撮影などには↑↓方向のスイングが威力を発揮しそうです。

 

Xperia ray専用 LiveSoundマイク付ステレオヘッドセットMH1を試す

先日、ソニエリよりXperia ray及びXperia PLAY専用のマイク付ヘッドセット「MH1」が発売された。

定価は6980円とのことだが、Xperia rayの購入者を対象に「Sony Ericsson Storeアクセサリーキャンペーン」が期間限定で実施されており、ray及びplayからSony Ericsson Storeサイトにアクセスし購入手続きすることで、4980円で購入できる。 (11月21日まで)

この機会を逃す手はない、ということで、早速購入してみた。

shot_000003.png

 

意外に早く到着。菱形のパッケージがかっくいい。

 DSC05250.JPG

 

中身。ケーブル長は約1mか。カラーは黒を選択した。

ケーブルは特徴的な帯状のフラットケーブルで、ホワイトモデルなんかはまさに、きしめんのようだ。

カラフルなキャンディー状のものはイヤーパッド。XS~Lの4サイズ×2色が同梱されている。

DSC05251.JPG

 

ヘッドセット部アップ。上から1つめと3つめが音量キー。

音量キーに挟まれているのが通話キー。

そして一番下が今回の目玉のLiveKeyだ。

DSC05252.JPG

 

このLiveKeyを使用することで、音楽再生中でもボタン一発、本体のアプリケーションを起動できる。

う~ん、Track IDの起動で曲名検索くらいしか用途が考えつかない。

…と思っていたのだが、アプリとの連携次第では色々と面白い使い方が生まれてきそうだ。

shot_000005.png

 

このLiveKeyの使い心地については、音質等のインプレッションも含めて後日のエントリーで改めて紹介する予定。

 

Xperia ray 白蓋購入

長らく品薄状態が続いていたSO-03Cのオプション品、バッテリーカバーが出回り始めたので購入してみた。



もっとも、今回はドコモオンラインストアーではなく、ヨドバシのドコモカウンターで発注。840円。

色は唯一持っていないホワイトを購入。


装着後。清潔感があっていいねえ。黒蓋と違ってツルテカ仕様なので落とさないように注意。


ゴールド本体×白蓋の図。違和感はない。


サイド青バージョンに装着。
…あまり合ってないか。


以上、小ネタでした!

Xperia ray(SO-03C)にCM7を導入

いよいよCyanogenMod7.1がリリース。rayにも対応!ということで早速入れてみた。

 

当方、前回のエントリーで紹介したようにノルディック版の2.3.4ファームを焼いた状態なのですんなり導入できたけど、SO-03C素のままでは無理っぽい。

 

どうやらbulid.propを参照しているようで、ここをグローバルモデルの「ST18i」もしくはコードネームの「urushi」に書き換えることで対処できるようです。

12%2520-%25203.jpg

 

Androidバージョン2.3.7がベース。一通り触ったところ、軽快に動いていて好印象。もっとも、初期設定のままではクロックがかなり上値で設定されているのでバッテリーの減りが早い。

12%2520-%25201.jpg

 

APはmpr2.bizho.netがデフォルトで設定されていた。SPモードで繋げたい人は注意してね。

screenshot-1318410323785.png

 

カメラも、動画も含めてちゃんと動作します。SPモードメールは普段から使わないから影響ないし、特に不具合がなければ常用してみようとも思ったのですが、バイブが効かないのと、愛用のLPウィジェットで表示が乱れるのに我慢ならず、結局公式ロムに戻してしまった。

ただ、このCM7、今のままでもかなりの完成度だし、今後のアップデートが楽しみです。

Xperia ray(SO-03C)に2.3.4ファーム導入

さて、日本国内での配信も期待されるSonyEricssonによるAndroid2.3.4へのアップデートですが、北欧を始めとして、海外では順次開始されているようです。アップデートの内容としては「フロントカメラ搭載端末に対してのGoogleTalkビデオチャットサポート」「Facebook Insaide2.0による連携機能強化」「Sweepパノラマによるパノラマ、3D写真撮影機能追加」「IMEにSwipe追加」「スクリーンショット機能追加」「USB-OTGサポート」などがあります。

 

まぁ、それほど劇的な変化が望めるわけでもないのですが、早い話、新し物好きの血が騒いでのチャレンジとなります。

(注意)

ブートローダーがアンロックされていることが前提となります。(root奪取するには)

※書かれてある内容を参考にする場合は月並みですが自己責任でお願いします。

※基本的に詳しくない人間が、見よう見まねでやっているブログなので、今回のエントリーもあえて詳しく書いていません(書けない)。もちろん、質問されても答えるほどの知識もないのであしからず。

 

まず最初に参考にさせていただいたのがこちらです。

[XperiaにおけるAndroidアプリ考察]  【ray 国際版2.3.3→2.3.4へのアップデート手順と2.3.4のftfファイル作成手順】

 

上記ブログでは国際版のST18iをベースにした手順が詳しく書かれております。xdaに掲載されているGENERIC版ファームを導入→SEUSにてAndroid2.3.4にアップデート、という流れですが、ドコモ版SO-03Cにおいても同じく適用できるはず。

 

ということで、忠告通り、まずはSESUを通してftfファイルを作成。万が一の場合に備えます。

ftf.jpg

 

次に、xdaからST18iのGenericファームをダウンロードして、FlashToolにて導入。ちなみにFlashToolを使うのは今回が初めてだったりします。ドキドキワクワク。

なんとか無事、成功!

generic1.png

 

次にSESUでアップデートとなるのですが、トラブル発生。「お使いの携帯電話に新しくインストールできるソフトウェアはありません。」と、素っ気ない返事が。

う~ん、困った。build.propのfingerprintナンバー書き換え等で対処できるのかしらん…

sesu.jpg

 

ここで作戦変更。最初からそうしとけよと突っ込まれそうですが、xdaにある北欧版2.3.4ファームを導入することにしました。

参考にしたのがこちらのブログです。

[Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~] 【SO-03Cに公式Android 2.3.4ファーム(4.0.1.A.0.283)を入れた】

 

これもまたFlashToolでNordic版(こちらはあらかじめ2.3.4)を導入、という流れです。

なんとか成功。

nordic1.png

 

幾つか目新しいアプリも入っております。

screenshot2.png

 

ようやくスクリーンショットがデフォルトで撮れるようになります。

screenshot.png

 

さてさて、無事に2.3.4にはなったものの、rootは塞がれてしまいました。このままでも実用上はそれほど問題がないのですが、日本語フォントが組み込まれていないので、所謂「中国語風合成漢字」になっていて若干気持ち悪い。そこで、rootを奪取することにしました。

 

まずはここから2.3.3のブートイメージをダウンロード、Fastbootモードで焼きます。

 

その後、通常通り立ち上げてSuperuser.apkとsuをプッシュ。パーミションを修正してリブート。

ここらへんはSuperOneClickの方がお手軽でいいかもしれません。

 

そのままではinsecureな状態なので、Nordic版2.3.4から抽出したkernel.sinを焼き戻して完成。

無事rootがとれました。

superuser.png

 

今のところ、特にトラブルなく動いているようです。SPモードメールもプッシュで受信できました(使わないけど)。さて、後は日本語フォントを何にするかですね。

【まとめ】

フォントの問題もそうだし、絵文字もそのままでは使えなくなります。

劇的に使用感が変化するわけでもないので、現在ドコモ版SO-03Cを使用している人は、正式に国内配信されるのを待った方が良いと思われます。

 

Xperia ray(SO-03C)購入から1ヶ月

 発売日に購入してから1ヶ月経ったXperia rayですが、メイン端末として毎日活躍中です。

DSC00085.JPG

 

 軽量・スリム・コンパクトな見かけの割に、性能的に妥協をしたところがなく、使っていて満足度は高いです。バッテリーの容量もarcやacroと同等ですから、かなりハードに使っても予備のバッテリーを持ち歩く必要はほとんどなく(さすがに2日、3日と保つわけでもないのですが)、折角購入した2個の社外バッテリーもほとんど使っておりません。

 

 rayの欠点をあえて探すとするならば、フロントカメラの画質があまりよろしくない(というか、かなりショボイ)ところでしょうか。もっとも、中の人のインタビューを聞くと、フロントにカメラをもってこれただけでも奇跡的なことのようなので、ここでは画質云々を述べるのは贅沢なことなのかもしれません。

 

 ちなみに、メインカメラの方は相当高画質で起動も速く、デジカメ代わりとして十分実用に耐えます。シャッターボタンがないのが少々残念なところでありまして、画面タッチでの撮影となります。ちなみに、他の端末によく見られるように、標準搭載のカメラアプリはタッチした瞬間に撮影ではなく、タッチしてフォーカス後、「指を離す」ことでシャッターが切れます。ブレのない写真を残すためにも、そっと画面から指を離すように意識して撮影するのがコツとなります。

 

 

 予想に反して、かなり早い段階でブートローダのアンロック、root取得の方法が確立されたので、中身を弄れちゃったりするのもバシラーにとっては魅力的であります(保障はなくなってしまうけど)。

 とりあえず、カメラの無音化、SystemUI.apkの導入による通知領域のトグルスイッチ設置、framework-res.apkの差し替えによるバッテリーインジゲーターの%化を施してプチカスタマイズしてみました。

201109261.png

 

 個人的に拘っている「なんちゃっておサイフケータイ化」ですが、前回の試みでは若干バッテリーカバーが膨らんでしまったことを反省。バッテリーカバーをリューターで削ってみたのですが、少し削っただけで穴が開きそうになってしまいました。やはりカバーの厚み自体が相当薄いようで、凹みをつけることは断念。逆転の発想で、edyの基板を極限まで薄く研ぎ、貼り付けることにしました。

 

透けるほど…とまではいかないけど、かなり薄く加工。

DSC04108.jpg

両面テープでペタリ。flux PIT Mobileはバッテリー側に貼ることで誤作動を防止しています。

DSC00092.jpg

なんとか蓋が浮くこともなく、内蔵できました。

 

液晶保護シートにはpalmの時代からの愛用品、OverLay Brilliantを選択。

DSC00037.jpg

 

サイドはブルーメタルフィニッシュ+ブラックカバーが最近の装い。ケースはRayのスリムさが台無しになるので個人的には論外。

DSC00090.JPG

 

 今日飛び込んできたニュースではCyanogenModのサポート対象にXperia rayも含まれる、とのこと。今後も益々コイツで楽しめそうであります。

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。