com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きになれないアドエスのキーボード

アドエスに換えてから、どうしても長文時のタイプミスが目立つようになりました。

ZERO3や[es]ではブラインドタイプができるまでになっていたのですが、アドエスではキーをしっかり見て打たないと、押し間違いをしてしまいます。

理由は簡単。アドエスからキー配列に変化があり「Tab→OK」キー列が上下列と比べ、交互になる形でズレているからです。

P1010189.jpg

「PCのキーボードの配列により近づき、さらに打ちやすくなった」との論評もありますが、本当にそうでしょうか。両手の全ての指でタイピングするわけでなく(普通は)両手親指のみで操作するZERO3のフルキーボード。従来のように、上下にキートップが揃っている方が、見やすく、そして打ちやすいと思うのは僕だけでしょうか…。

「いや、俺は机に置いた状態で、両手の指を全て駆使して打ち込んでるぜ!」という方も世の中には存在するかもしれませんが。。)

[es]のキーボードは、小さくて固くて、大嫌いだったのですが、久しぶりに打ってみるとこちらの方がアドエスよりも随分打ちやすく感じます。キーとキーの間はアドエスのように詰まっている方が見た目はカッコイイのですが、旧esのような畦道も打ちやすさには一役買っていたのかもしれませんねぇ。

まぁ、キーボードの使い心地は「慣れ」に頼る部分も大きいので、使い込むと「もう、元には戻れない!」とかになるかもしれないんですけどねぇ…

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。