com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mini proでATOK

ギャラタブやIS03の発売にAndroid界隈が賑わっている中、これでもかぁっと突然投入された「ATOK for Androidトライアル版」。ネット上でもプチ祭り状態ですな。

 

インストールに関しての注意点とかは他の方のエントリーに任せるとして、果たしてXpaeria miniproで使い物になるのか、早速試してみました。

 

まずは設定。文字種トグルキーの長押しで設定や単語登録にたどり着けるのはグッド。

101126.png

 

我がminiproはレッドなので、それに併せてテーマは「秋桜」を選択。変換候補の文字サイズも選択できるのは有り難いです。画面スペースをかせぐため、miniproでは当然「小さい」を選択、表示行数も「1行」が良いでしょう。

1011262.png

 

もっさりを覚悟していたのですが、なかなかどうして、小気味良く入力できます。変換の精度はさすが。

1011263.png

 

思うように変換候補にたどりつけないときは、候補欄を上にフリック。候補一覧が出てきてわかりやすい。

1011264.png

 

さて、次にシャコッとQWERTキーボードを引き出して文字入力。ここでは若干面倒ですが、いったんソフトキーボードをQWERTYモードにすることで日本語ローマ字入力ができます。

1011265.png

 

もっとも、画面の半分を占拠するソフトキーボードが邪魔になるので、本体Backキーを押してソフトキーは隠れてもらいましょう。

1011266.png

 

以上、miniproでも十分使える…というか、長文入力や口語主体の文章作成に関してはかなりスピーディーに入力ができます。

もっとも、半角の切り替えのためのキーコンビネーションが準備されていないなど、なんとも歯がゆい部分もあるのですが、なんとか正式版までに細かい部分をブラッシュアップしてリリースして欲しいものです。

 

 

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。