com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPERIA mini pro 分解レポート(後編)

四苦八苦して分解・組立したminiproですが、電源は無事入るものの

 

・シャッターボタン、ボリュームボタン押しても反応なし

・起動後の画面がランドスケープモード固定で動かず

・QWERTYキーボードが全く無反応

 

と散々な状態。組立時にかなり強引にゴキバキッとしてしまったので、基板かケーブルを破損してしまったのでしょうか。

とにかくそのままでは単なるメディアプレーヤーとしてしか使えないので、勇気を出してもう一度開腹作業を行ってみました。

 

慎重に探ってみると、挿したはずのシャッターボタン下フレキシケーブルが抜けておりました。このソケット、本当に小さな部品なのですが、生意気にもちゃんとロックバーが備わっており、それを最後に押し下げる必要があったようです。

今回はしっかりとロックしてから再度組み上げ。

201101217.jpg

 

さて、今回のバラシには大きな目的がありました。それはminiproのドレスアップ作戦です。

センターを取り巻くメッキの質感が安っぽく見えるので、ここをカッティングシールでカバーすることでイメチェンを図ってみました。

まずは細くきったテープをしっかりと伸ばしながら貼り付けていきます。

201101212.jpg

 

そして余分な部分を慎重に切り取っていきます。

201101213.jpg

 

ストラップホールやイヤホンジャック周り、シャッターボタン部など、結構複雑なモールドもありますのでしっかりと押しつけ、馴染ませながらの作業になります。

201101211.jpg

 

組立後。

201001216.jpg

 

裏からみるとこんな感じ。黒のバッテリーカバーが似合います。

201101214.jpg

 

イヤホンジャック周りも頑張ったけど、少しシワが残ってしまった。

201001218.jpg

 

キーボードをシャコッと出してみた。

201101215.jpg

 

以上、かなり印象が変わったとは思う。

ただ、使用したのが「蛍光オレンジ」だったのがまずかったのか、ちょっと派手すぎ…というか逆に安っぽくなってしまったような気がしないでもない(汗)

 

 

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。