com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBookAir初期不良により交換

さて、AppleStoreにてオーダーしたMacBookAir11ですが、初めて起動したときから気になっていたのですが、液晶画面左上方向に米粒大の白い「濁り(そこだけぼんやり白く発光する)」がありました。

 

しばらくしたら自然に目立たなくなるかな?と放置しておいたのですが、まったくなるなる気配もなく、場所が場所だけに目立ってしょうがない。所謂「ドット欠け」くらいならば、大して気にすることもないのですが、こればかりは明らかに初期不良やろ!プンプン!…ということで、本体ごと交換してもらうことになりました。

 

心斎橋のアップルストアにでも持ち込もうと思ったのですが、結局、アップルケア・サービス&ホットラインに電話して交換に応じてもらいました。その中で、幾つか興味深いこともあったのでメモしておきます。

 

・AppleStoreで注文したMBAには、箱の中、外、どこを探しても「領収書」がなく焦ったのですが、本体底面の「シリアル番号」と、注文時に発行される「ご注文番号」を告げると問題なく電話に応じてくれました。そもそも領収書は添付されていないのが正解のようです。

 

・初期不良は購入後2週間以内に連絡しないと、返品や返金、交換には応じてもらえないので注意。

 

・最初に注文したのが、Corei7、8GBSDRAM、256GBSSDのいわゆる「大盛り」状態+USキーボード+MiniDisplayPort-VGAアダプタ(同梱)というカスタム状態だったためか、同等交換品が手元に届くまで、10日ほどかかった。

 

・交換は、リプレース品を運んできた宅配業者(ヤマト運輸)に、箱詰めした初期不良MBAを代わりに引き渡す方法。

 

・新しくやってきた交換品ですが、液晶の色温度が以前のと較べて全く異なっていて驚きました。以前のはLG液晶でしたが、どうにもこうにも青っぽく、画面下方向にかけての色むらも気になっていたのですが、今回のは明らかに色温度が低く、非常に見やすい。ムラもない。おや?と思って、ターミナルで調べて見ると、どうやら今回はサムスン製。SSDも、以前は東芝製だったのが、今回はサムスン製でした。

2012-07-11 0.27.41.jpg

 

・以前のは、右手前が机から若干浮いてしまう「Peko」状態でしたが、今回はしっかり接地しておりラッキーでした。(ちなみにPekoは、優しくゆっくり力を加えると治ります)

 

以上、どうもこのManBookAir…というか、最近のアップル製品、品質に当たり外れがあるような気がします。採用されている液晶メーカー一つとっても、LGにサムスン、AUOと、どれが当たるかわからないというのもある種ギャンブルですね。ま、どれも大差ないという意見もありますが。

昔話になりますが、PowerBookDUO250のホシデン製液晶は視認性抜群の神液晶やった…

ではでは、環境の再構築に移りますか。

DSC05738.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。