com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W-ZERO3[es]おサイフケータイデビュー

以前、Edyトークン装着により「おサイフケータイ」化していたW-ZERO3[es]ですが、その後5千円分もチャージしたものの、結局一回も使わずじまいでした。普段利用しているあらゆる店舗がEdy支払いには対応しているのですが、なにしろ「なんちゃっておサイフケータイ」なので、実際に使えるという保証もなく、いざ、デカイW-ZERO3[es]を店員の前でかざしてみて無反応だったらカッコワリーな…とか、いろいろと不安な部分がありまして…

このままではもったいないし、あんまり長時間ほったらかしにしておくと、せっかくチャージした分が放電したり気化したりしてなくなってしまうのではないかという不安もあり(んなわけないか)、勇気を振り絞って実戦に使用してみました。

利用したのは閉店間際の某二流コーヒーチェーン。タイムセールのテイクアウト向け「パン詰め合わせ三個入り200円」が今回のターゲットです(しょぼすぎる…)。閉店間際ということで、客も少なく、支払いに失敗しても失笑を買うことはなさそうです(どこまで小心者なんでしょ)。店員は若いオネーチャン。

店員:「いらっしゃいませ!」「200円になります」
自分:「ぇ、Edyで…」
店員:「はい!少々お待ち下さい」(ゴニョゴニョ…レジスターを何やらイジる)
店員:「どうぞ!」
自分:バシッ!!(W-ZERO3[es]をEdy読み取り機に叩きつける音)
    (注:実際には軽く触れるだけで十分読み取ります)
シャリラリラ~ン! (支払金額と残額が表示される)
店員:「ありがとうございました!」

以上、若干挙動不審な部分はあったものの、僕の、そしてZERO3の初Edyデビューは無事終了したのでした。これで又一歩、W-ZERO3が万能のツールとして進化したようで、さらに愛着が沸いてきましたデス。
(もともとコンパクトなEdyトークンなので、無理にW-ZERO3に貼り付けなくても財布に入れて使えばいいような気もしますが…気にしない気にしない)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://willcomtogether.blog86.fc2.com/tb.php/103-df0cf4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。