com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイド ウィジェット配置のコツ

4月1日に発売されたXperiaは好調なスタートをきったようです。もっとも、手にしたユーザからの評価は「最高に面白い」といったものから「モッサリの糞端末」といったものまで様々。まぁ、ワタクシも現在の愛機HT-03Aを購入した当初は「とんでもなく失敗した買い物しても~た…」と凹んだものですが、その後、自分好みにカスタマイズを重ねるにつれ、今では最高の相棒となっておりますので、Xperiaについても、もう少し時間をおいてからの評価を待ったほうがいいかもしれませぬ。

さて、Xperiaに限らず、アンドロイド端末をカスタマイズする上で重要となるのが「ホーム画面をいかに構築するか」、極端に言えば「ウィジェットをいかに取捨選択して安定したホームを構築するか」ということです。もっとも、「ウィジェットなど邪道。アイコンショートカットすら邪魔!」という安定感重視もしくは『壁紙至上主義』の方もいるかもしれませんが…

今回はこのウィジェットを配置する上でのちょっとしたコツを、メール閲覧アプリである「Pure Messenger Widget」を例にして解説していきたいと思います。

4031.png

まずはPure messenger widgetを[list/4*2]サイズで配置。スキンは[Android Eclair(Koxx)]を選択。これはこれでシンプルで見やすいのですが、壁紙の半分ほどが隠れてしまうのが欠点といえば欠点。

4032.png

そこでスキン選択画面で長押し→オプション画面を呼び出し[Transparency]で透過率を設定します。

4033.png

ここでは80%ほど透過させる設定で。

4034.png

スケスケになりました。同じスキンでも透過率の設定次第で雰囲気がガラッと変わることもありますので、色々と試行錯誤することをオススメします。

さて、次のコツは「同一ウィジェットの複数配置」です。例えば…

4035.png

この画面は下半分に[list]表示で、上半分に通常の[4*2]サイズのPure Messenger Widgetを配置した例です。上の方はスキンに[Internal]を選択、フォント色をダークレッドに設定しています。もう少し応用すると、上半分はSMSを表示するように設定、[list]はGmailを表示…という使い分けもできるわけです。

このように、同じウィジェットでもまったく別個の設定で貼り付ける工夫を通して、より使いやすいホーム画面の構築が可能になるわけです。カレンダーアプリなどは、ある面は月間表示、ある面は週間表示で…等の使い方が一般的でしょうか。

問題は、ウィジェットを貼り付けすぎると途端にメモリー不足になり、所謂「ホーム落ち」を招いてしまうところ。こればかりはHT-03Aのメモリー不足、CPUの遅さが恨めしいです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://willcomtogether.blog86.fc2.com/tb.php/222-31ffe264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。