com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HT-03A Fender外装への交換

T-Mobile MyTouch3G Fender外装がいよいよ出回りはじめたようで、思わずポチッとしていまいました。

購入はここから。

P1030652.jpg

外装一式とキーパッドに工具(T5、T6、+のドライバーとケースオープナー)が付属していました。トラックボールは含まれていません。

キーパッドはオリジナルと同じくメタリック仕様。

P1030654.jpg

Fender Editionといえば、この3.5mmオーディオジャックに特徴があります。もちろんHT-03Aはハード的に対応していないので、ただの飾り穴になってしまうのが残念。

P1030659.jpg

今回初めてアンテナ&スピーカー移植にチャレンジ。スピーカーは簡単ですが、アンテナは破れる恐れもあるし、いろんな意味でお勧めできない。

P1030660.jpg

ここでトラブル発生。どうやらT-MobileのFender版はオーディオジャックをあんな位置に搭載するために、かなり基盤がカスタム化されているようで、フェースプレートのLED発光部のアクリルパーツが全然違う位置に付いており、このままでは組み立て不可能。この問題を解決するため、fenderフェースプレートを彫刻刀でガリガリと削り、なんとかHT-03Aからオリジナル発光パーツを移植しました。いきなり難易度高いです。

P1030661.jpg

フェースプレートに基盤がなんとか収まりました。と思ったら、なんと一部、モロにねじ穴を塞いでしまっています。こういった細かい部分で、なかなかにクセのある外装です。(結局このネジは無視して組み立ててしまいました…)

P1030669.jpg

バッテリーカバーもそのままではキッチリはまらないので、一部突起を削る必要あり。ちなみにアンテナを移植した中間筐体にはHT-03Aの基盤は物理的に収まらないことが判明。泣く泣く再度アンテナをはがし、家に転がっていたT-Mobile赤外装の中間筐体に移植して組み上げました。

P1030665.jpg

【結論】

削ったりパテ盛ったりと、難易度は高め。よほどのFender好き、しかもヒトバシラーな自負がないと、手を出さない方が賢明かも(>_<)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://willcomtogether.blog86.fc2.com/tb.php/227-9027648c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。