com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルWiMAXルータWM3500Rを使用して一ヶ月

モバイルWiMAXルータ、WM3500Rを使用して一ヶ月。今更ですが簡単にレビュー。

 

そもそも、我が家の通信環境はイーモバイルの「データプラン(年とく割)+イーアクセスADSLサービス」という構成。ちなみにADSLサービスは本来、月額1500円のオプション料金がかかりますが、申し込んだときのキャンペーンで、契約以来無料で利用させてもらっています(もっともデータプラン限定での契約なので、他の安価なプランにたやすく変更できない罠が…)。

 

日中はD25HWポケットWiFiにてノートPCやモバイル端末の通信、家ではADSLという環境。この組み合わせ、概ね満足できていたのですが、ひと月の利用料金が4,988円。もーちっと安くならないかなぁというのが本音でありました。

 

こうして並べてみると、miniproとD25HWはコンパクトに持ち運べるという点ではベストな組み合わせ。

max5.jpg

 

そこへ目に飛び込んできたのが、一時各ブログやツィッターで話題になっていたBIGLOBEのキャンペーン。下り最大40Mbps、(キャンペーン特典を織り込むと)実質月額2418円。こりゃ、イーモバイル速攻解約して、家でも、外出先でも、高速無線サービス使いまくりや!と、自宅がエリア内かもろくに調べることもせず、鼻息荒く申し込んだのが1月末でした。

 

やってきた3500R君。赤を選んだけど三倍速いことはなかった。クレードルはついていなかったので、別に購入した(最近はキャンペーンで付いてるみたい)。自宅にてPCとの接続を前提としている人には必須のオプションだと思う。アンテナはなんとか2本立ったので一安心。

max3.jpg

 

【肝心のスピードはどうなのか】

とある平日の午前9時。自宅(大阪市内、マンション8F部分、窓際)にて、PCに繋いで測定してみた。

 

WiMAXモバイルルータWM3500R クレードルを介してLAN接続。アンテナ2本。

max1.jpg

アンテナ2本なのに10Mbpsオーバー。アップロードも速い。

 

イーモバイルPocketWiFi D25HW USBケーブルで接続。

max2.jpg

まぁ、こんなものか。

以上、SPEEDTESTの結果のみをみれば、文句なくWiMAXの圧勝!

…となるのですが、実はそうでもなかったり。上記の測定は平日の午前中という、比較的空いている時間帯でおこなっていますが、夜の10時前後になると、WiMAXの方も2Mps前後をウロウロすることが多々あります。場合によってはイーモバイルが逆転することも。

 

【エリアはどうなのか】

当方、自宅でも職場でもアンテナが安定して立ちますし、通勤経路でも概ねとぎれることなく運用できているのですが、困るのが地下街。特に大阪の梅田周辺は地下街が複雑に入り組んでおり、イーモバイルではアンテナビンビンなのに、WiMAXでは圏外、というパターンが非常に多い。もっとも、サービスが開始されてからの年月に大きな差がありますので、じきに追いついてくるとは思いますが。お互い、通信方式の違いなどもありエリアの拡充についても得手不得手があるのでしょう。

また、WiMAXのエリアマップでは主要な都市部はサービスエリアとなっていますが、実際に使ってみるとエリア内でもまだまだ圏外の穴があるなぁという印象。イーモバイルは地方沿岸部などでも意外なとこで電波を拾ったりと、地方への出張や帰省が多い方にはエリアの広さからいってまだまだイーモバが有利かと思われます。

 

【モバイル端末との相性はどうなのか】

WiMAXはつながれば速い。そして、つながるのも速い。これは大きなメリットだなぁと感じています。PocketWiFiの場合、省電力設定などで3Gが切れてたりすると、そこからのダイアルアップにタイムラグが発生するのがモバイル用途ではとても痛い。その点、WiMAXは、WiFiさえ掴めばあとは即時につながり気持ち良いです。

 

また、WM3500Rに限って言えば、バッテリーはかなり保ちます。さすがに公称の8時間駆動とまでは厳しいですが、だいたい5~6時間くらい保つ感じ。もっとも、バッテリーの容量がデカイおかげで図体もPocketWiFiにくらべると若干かさばってしまうのは残念なところ。

 

D25HWとWM3500R。厚みはほぼ同じだけど、縦横にデカイ。カバンに放り込んでしまえば気にならないけど、シーンズのポケットに入れるとかなり気になるし不格好。その点、D25HWは丸みのある筐体も手伝ってか、文字通りポケットに難なく収まる。max4.jpg

 

以上、エリア内で活用できるならば、まだまだ発展途上ではあるものの、安価で高速なWiMAXも十分魅力的ではないでしょうか。特に固定回線としてADSLを引いている人は、自宅でのネット環境の代替にもなりえるので、単身者や下宿生などには強くオススメできます。

もっとも繋がらなくては意味がないので、これから購入を考えている人は「みんなでつくるUQ WiMAXマップ」や「Try WiMAXレンタル」サービスなども積極的に活用して、まずは自分の行動圏内での通信品質をしっかりと確かめた方が良いと思われます。

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://willcomtogether.blog86.fc2.com/tb.php/265-44993060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。