com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBAで東芝製USB3.0HDDを試す

東芝のUSB3.0ポータブルハードディスク「CANVIO for PC」の1TB版をTimeMachine用に購入。今なら1万円ほどで買える。

4色のカラバリがあるけども、ここはやはりMacBookAirにあわせてシルバーをチョイス。

シルバーの梨地仕上げで、デザインは極めてシンプル。もっとも、アルミ製ではなく普通のプラ筐体なのであしからず。


2012 06 30 10 40 36


MacOSX対応を謳っておりますが、購入時はNTFSでフォーマットされているので注意が必要。

まずはディスクユーティリティーを開いて「Mac ?OS 拡張(ジャーナリング)」でフォーマット。


2012 06 19 9 31 56

なんでも、7月下旬に発売予定の1.5TB版の新型では「1.5TBモデルにのみ搭載されているソフトウェア、 「NTFS for Mac」をお客様のMac OS X環境にインストールしていただくことにより、Windows環境とMac OS X環境で本製品を使用できます」とのこと。便利そうな機能だが、落とし穴もあって、この場合、Mac OS XのTime Machine機能は使用することはできないらしい。


さて、MacBookAirも2012モデルから、いよいよUSB3.0搭載ということで、そのパフォーマンスに期待が持てるところ。さっそくBlackMagic Disk Speedtestで計測してみた。

DiskSpeedTest

さすがUSB3.0、爆速です!と言いたいところですが、んん!?こんなもんなんですかねぇ…

過度に期待しすぎちゃったのかな?

まぁ、普通に使う分には問題ないのですがね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。