com★together

とっても気まぐれに更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPERIA Rayでテザリング

日頃、MacBookAirとWiMAXのモバイルルータ、WM3500Rを鞄に放り込んで持ち歩いております。
モバイル用途には十分な回線スピードで満足しておるのですが、ちょっと辺鄙な土地に旅行や出張に出向くと、WiMAXのエリアから外れることがよくあります。
都心部においても、地下街の茶店でネットに繋げようと思うと圏外…ということも。

そこで活躍するのが、我が愛機XPERIA Rayのテザリング機能であります。こいつさえあれば、どんな田舎だろうが地下街だろうが、まず間違いなくネットに繋がる、頼もしい相棒です。

ただし、気をつけなければならない点もいくつかあります。

公式テザリングでは、内部的にAPNが「dcmtgr.ne.jp」に強制的に固定されており、このままテザリングをすると『すべての通信がパソコンなどの外部機器を接続した状態とみなされ(ま、その通りなんですが…)』、パケット定額サービスの上限が10,395円に跳ね上がってしまいます。

一昔前と比べたら、だいぶ安くなったとはいえ、1万円を超えるのはちょっとキツイ。

そこで、APNを強制的に書き換えて使用しています。
(root取得済みが前提。ISPセット割等を利用してモペラ加入も必須。もちろん自己責任で) 

Screenshot 2012 07 24 1550
 
 方法としては、SQLite Editorを使ってcom.android.providers.settingsのデータベースを書き換える。
tether_dun_apnの値を「dcmtgr.ne.jp」からモペラのAPNである「mpr2.bizho.net」に。
これで、日頃はSPモードで利用してても、テザリング時はモペラAPNに繋いでくれる。もちろん定額内。 

 Screenshot 2012 07 24 1548


欠点としては、XPERIA Ray本体のバッテリーの減りが激しくなるところ。これは、予備バッテリーを二つ持ち歩くことで解決している。
Wi-Fiテザリングにこだわらず、USBテザリングにした方が、MBA本体から給電されるので安心感があるかもしれない。

DSC05791

これで、スタバのみならず、どこでもドヤ顔できます!(しないけど)
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://willcomtogether.blog86.fc2.com/tb.php/298-6cd2ccd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。